成功のコツ|企業買収や合併を検討中の方へ~企業価値評価の重要性~

企業買収のポイント【優良なコンサル会社に依頼する】

成功のコツ

ビル

企業買収を成功させるために必要なこと

企業買収を成功させるために最も必要なことは、買収後のシナジーを適切に把握しておくということです。企業買収の準備を進めていくと、買収先、社内、顧客、株主など様々な関係者から異なった意見が発生します。それぞれの立場から発せられる意見の多くは一考に値するものばかりです。しかし、異なる意見が出るたびに企業買収の方針が左右されていては話が前に進みません。
そこで大切なのは企業買収後のシナジーを適切に把握するということです。買収後のシナジーを適切に把握していれば、買収後にどのようなメリットが発生し、長期的に顧客や株主にどのように貢献ができるのかが予想できるので、様々な意見に対しても説得力を持って対応することができます。

計画的にすすめることが大切

企業買収後にシナジーを生み出すには、買収に至るまでの計画が肝心となります。とくに大切なのは、企業買収計画を立てる前段階としてのデュー・ディリジェンスです。デューディリジェンスとは、買収対象先企業に係る様々な情報を集めることを言います。例えば、買収対象企業の強みや弱み、財務・資産状況、現在の経営者の方針、従業員の状況、社内の問題点といった情報を集めることを言います。
このようにして集めた情報を元に、どのようにして企業買収を進めるかの計画を立てます。例えば、財務・資産的な状況が良好な会社でも、労働環境に対する従業員の不満が高ければ、企業買収後は労働環境を改善する提案をすることで従業員の支持を得ることができます。或いは、素晴しい商品を持っているにも係わらず、販売ネットワークが弱いことから十分に顧客に商品の良さが伝わっていない場合、買収を行う企業の販売チャンネルの活用により収益の増加が見込まれ、株主にとっても好ましい買収にすることができるのです。
このようにどのように企業買収を進めれば成功しやすくなるのか考えながら計画的に企業買収を進める必要があります。

行き詰まったときはコンサルティングを上手に利用!

デュー・ディリジェンスをもとに企業買収後のシナジーを把握することの大切さは理解したとして、具体的にどうやって情報を集めて、計画に落とし込めば良いのでしょうか。自分で全てをやろうとするとかなりの確率で行き詰ってしまいます。そこで登場するのが、企業買収案件を手がけるコンサルティング会社です。コンサルティング会社は幅広いネットワークを使って、買収対象先の情報を集めてくれます。そこで得られた情報を元に、買収を行う企業側にとって買収後にどのようなシナジーがあるかを分析してくれます。また、どのようなアプローチをすれば関係者が納得してくれるのか、或いは関係者の同意が得られなかった場合にどのような選択肢があるのかなど、経験に裏づけされた提案をしてくれます。
コンサルティング会社はあくまでも買収を行う企業の意思決定のサポートをするのが役割なので、最終的な意思決定の責任は買収を行う企業にあります。しかし、きちんとした情報に基づく意思決定と感覚的な意思決定では、買収の成否に大きな違いが生じます。

コンサルティング選びのポイント

企業買収におけるコンサルティング選びで重要なのは、企業買収を行う業界におけるコンサルティングに強みを持つ会社を選ぶということです。前述のとおり、企業買収の成否はデュー・ディリジェンスに基づくシナジーの把握だと考えると、コンサルティング会社がいかに正しい情報を得て、経験に基づくシナジー分析ができるかがポイントとなってきます。従って、正しい情報を得る為の強固な人的ネットワークや業界動向の理解が必須となります。
業界における強みを持っているかを測る基準としては、これまでの企業買収におけるコンサルティング事例が一つの判断基準になります。コンサルティング会社に問い合わせて、これまでに手がけた案件の概要などを質問することで、そのコンサルティング持つ力が判断できます。